2016年02月29日

Happy Weekend

いい週末。でした。

ガイド:おだ

春の様な陽気の週末でしたね。

開けの今日は朝から札幌も雷が鳴る嵐。

天国と地獄

土曜日は小樽界隈でシャトルBC。

IMG_0137.JPG
峠の上からパウダー滑り降りたら車が待ってる、的な。
まあ、楽ちんしてパウダーを滑ろうということです。

IMG_0154.JPG
小樽にダイブして、

IMG_0175.JPG
こんなことや、

IMG_0164.JPG
こんなことして、

お昼は、
IMG_0160.JPG
なるとで若鶏定食。
1,000円也。

お腹も滑りも満腹のルーティン。

運転ご苦労。


日曜は毎年恒例のExpedition.
3名限定の定山渓天狗岳BC。
P2280001.JPG
どこ滑るのよ!?

さくっといいラインどりで頂上。
P2280005.JPG
Vだけどね。


P2280006.JPG
頂上からはおいしそうなT峰の夏道でもオープンな南面ラインがビャーンと。
でも、道内ピーカンの本日。
陽の当たる南面中心に気温の上昇とともにサンクラス化。☕

それも計算通りで北面中心にいいとこや際どいとこ滑りました。
P2280042.JPG

P2280016.JPG

P2280064.JPG

IMG_2876.JPG

来年もまた滑ろう!とメンバーで熱い約束し来年のラインを今妄想中です。


ホントは雪崩や滑落のリスクが非常に高すぎる山なのです。
アイゼン、ピッケルで冬の登頂は20回ぐらいあるけど滑るのはまたリスク係数が高い。
今回で8回目だから、こんなリスク高いのもう最後だなー、っと思ってシーズン初めから降雪状況、近郊の山の積雪状況の偵察などいろいろ準備してきました。

とりあえず10回目指してあと2回はするので来年の予約、準備はお早めに。

来年はこっち系かなー?








ラベル:fieldearth backcountry
posted by ノマド gaidorepo-to at 12:17| 北海道 ☔| バックカントリー | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

パウダー中毒

しばらく・・・

ガイド:小田

しばらくぶりのUPですいません。
連日パウダー探しに忙しかったり、2月の雨に振り回されスケート練習したり、と。
いろいろ内容濃い毎日で楽しすぎで、ちょっと足腰もフラフラだったりもする・・・
3月から始まるテント泊に備えて新しいラインの妄想をハッピーな現実にするべく、今日は久しぶりに会社で事務仕事で充電。

2月11日 POWトリップで余市岳
P2110194.JPG
P2110209.JPG
今シーズン、No.1のクリアな視界と適度な深さの走るパウダーが気持ちよかった。


2月12日 空沼岳BC

P2120220.JPG
4時間ちょっとで札幌の展望抜群の頂上。
P2120217.JPG
空沼と恵庭岳。
そしてここにドロップイン♪

P2120219.JPG
頂上から見えてた狭薄山東面。
一応、札幌市内南区。
札幌市の中でも一番遠くリモート(へんぴな)な山だろう。
来年、チャレンジ!!

そして、バレンタインデーの週末は2月だというのに雨☔☔☔
チョコの数も少なめ。

2月17日は富良野岳 (写真なし)
雨の影響で軽く底付きだが、まあまあのパウダー。
外国のスキーヤー方多くマナーが問題に。
@G尾根からベベルイ滑ろうとして準備してたら滑る目の前の斜面を堂々とトラバースで通過される。
⇒後ろから付けられていたので混乱作成でフェイクで滑ろうとした斜面だった。彼らが過ぎ去ったのを確認して予定通りの違うノートトラック大斜面を滑る。
A15時ごろ滑って沢を滑って下山していたら、登山口あたりでこれから登る外国のスキーヤーが登ってきた。
⇒今の日没時間が5時30分ごろ。北欧では冬は日が短いのできっとすごい明るいヘッドランプ持参で滑る気だろう。

2月18日は旭岳 (写真なし)
予定だが、前日の底付きと昨今の旭岳の定員オーバーな外国人スキーヤーの多さにうんざり気味で、雪の多いローカルマウンテンへ。
貸切のパウダー楽しめました。

2月20日は札幌岳。予定でしたが前日の夜は札幌でまた雨。
標高あげて白井岳へ。
P2200318.JPG
ばっちり。

P2200305.JPG
うひょー。
P2200248.JPG

P2200331.JPG

The Dayな振り替え山。

2月21日は神居尻山。標高が低いので雪降っているキロロへ。
P2210355.JPG
3.5本のDeep Powderを楽しむ。


これ以外も、休日の日は次シーズンのパウダースポットを探しに山を歩いています。
3月からは遠い山へ行くテント泊も予定です。
お楽しみに。

NMD16ski_423.jpgNMD16ski_294.jpg

先日、プロカメラマンの亀田さんに撮ってもらいました。

あー、山登って滑りたくなってきた。



ラベル:fieldearth
posted by ノマド gaidorepo-to at 17:32| 北海道 ☔| バックカントリー | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

イニシアチブ

最後にFED利尻BCのお知らせあり。

ガイド:小田

最近の山はいい雪降ってますよ。(札幌国際やキロロ周辺ね)
今シーズンは雪山でパウダー楽しんで、道はカラカラな札幌の町へ。
山はじゃんじゃん降るけど、西風多いので札幌の町は降らなく、雪かきもサラッと腰痛に優しい最高の冬シーズンです。


27日は今や雪質、世界一のキロロの1107へ。
今シーズンからマウンテンクラブで登山届が義務化されスタートが9時からの入山となったので山は静かだけど、ラッセル上等!!

ファミリーリフトに乗ってゲートで登る準備しながら待機しているパトロールの方と立ち話。
9割が外国からのスキーヤー、ボーダー。
この日はキロロのルールやぶってスキーヤー2人がスキー場営業前に登って行ったらしい。

P1270009.JPG

トレース ラッキーと思いきや先行者は迷いながらどっかへ消えてく。

しゃーないので腹くくって気合い入れてラッセル頑張る。
(Red Bull飲んどけばよかった―。)

約1時間いい汗かいたなーと、後ろ振り返ると外国のスキーヤーが後からくっついてきた。

なんか心情的にム、ム、ム、と嫌だし、嫌なトラブルに巻き込まれたくないんで、

「あなたたち、目の前に見える大斜面をあげるからここを登って滑ろ」

「俺はこっちの斜面をラッセルして登るから」

と、強制的に現場のイニシアチブをとる。

おかげさまで素敵なパウダーを貸切で楽しめました。

やられてばかりじゃなく日本語でもいいから駄目なものはダメ。自分のラインは自分で守りましょう。


そーいえば、こないだあるスキー場からのバックカントリーエリアを滑ろうと思ってリフト降りて装備の最終チェック。
それから奥に入って行こうとしたら、また外国のスキーヤーがそろっとついてきたので、フェイントで10分ぐらい立ち止まって雪崩講習会のまね事していると彼は戻っていった。
心配なんで同じ道をまたコースに戻って違う場所から入りなおすというトリックプレー。

そこまでしないと外国人だけでなくゲレンデスキーヤーやボーダーがトレース追っかけてきて遭難騒ぎ。
救助に当たるスキー場のパトロールや関係者の仕事が増える。
または、事故が多いとマスコミも騒ぎだし滑走禁止になったり、ある場所では登山口の駐車場も確保できなくなる。

上から雪を切られてもらい雪崩事故も嫌なので。

道警の統計によると過去2月3月に雪崩事故も含めて迷子などの遭難件数が飛躍的に多くなります。
日も長くなってきていろいろと無茶するかもしれないけど、雪山に入るモラルぐらいは知って守りましょう。
いわゆるサイドカントリーも雪山ね。

ビーコンのスイッチは入っているか?
ちゃんと装備持っているか?
ノールなどの滑走斜面をトラバースしてないか?
止まる場所は安全か?
一緒に滑る人の名前、連絡先、その人の滑り登りのスキルを知っているか?(最近のSNSでつながる「友達」の事故が多発しています)
バックアップは大丈夫か?
周りに(上の稜線や滑走斜面)に人はいないか?

一つ一つチェックすると事故はなくなると思います。
残りのシーズンも安全に滑りましょう。

って、事を30日のb.c.map共催のバックカントリーセーフティーで講習をしてきました。

12628442_724693187665055_6659991917679993995_o.jpg

12647151_724693380998369_5239263094060411663_n.jpg

↑穴や雪庇から落ちて5mの垂直斜面を20分で救助する方法。

まず滑る前に安全について考えましょう。
でも、あまりに天気よかったからハイクして滑ってきましたけどね。



31日は小田のスポンサーのField Earth Designコラボのパウダートリップ。
P1310130.JPG
なんと、Field Earthのパウダースノーボードが試乗できる。
しかも普通の試乗会だとゲレンデ中心だけど、実際のバックカントリーで乗ってパウダーを楽しみ、地形を楽しめる素晴らしいガチな企画。

P1310087.JPG
スキーは残念ながらレンタルはありません、ごめんなさい。
P1310107.JPG

次回のField Earthのコラボ企画は3月13日(日)の余市岳BCへ。
残席わずかですので、早めの申込お待ちしてます。


臨時弾丸利尻山BCツアーのお知らせ。

3月25日(金) 夜20:00頃札幌を出発して、翌26日(土)朝フェリーで利尻島へ渡ります。

26日と27日利尻島を滑って、27日の夕方便で稚内へ。
28日月曜早朝には札幌に帰る、サラリーマンうってつけの企画。

金曜仕事終わって軽く一杯やって週末は夢の島利尻でバックカントリー満喫して、月曜朝からしれっと会社に出社。
月曜はニヤニヤ思い出しながら仕事がはかどる(?)、まさに夢の企画。

催行決定しています。残席少ないので早めにお申し込みください。

東京、大阪からも参加OK。

ちなみに、Field Earth Design camp in rishiri に合同参加になりますのでお楽しみに。



ガイド:小田



posted by ノマド gaidorepo-to at 18:44| 北海道 ☔| バックカントリー | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

E天気

ニセコと羊蹄山

ガイド:小田

P1230591.JPG

みなさんは、山の天気予報どこのサイトで見てますか?

ガイドは前日、毎日朝起きて降雪量を
いろんなサイト(Powder seachや各スキー場のFacebookサイト)から集めて、
天気予報を加味して(天くらやTenki.jpや、ある情報サイトを足して割ってたり)
当日の天気を予想し行程をたてる。

山でもアメダスなんかの雨雲見ながら、晴天で滑れるタイミングを計算。

・・・しているように見せかけないようにしている・・・。

まあ、山だから下界は晴れてるのに山頂はガスだったこともたくさんある。
視界待ちで吹雪いてる中30分待つことも山では当然です。

最後は運。

運も経験である程度カバーされるんだろうな。

そんな事あんまり考えない週末のニセコ界隈は道路もカラッからの高気圧ガールでした。

まずは、チセヌプリ。
P1230541.JPG

P1230553.JPG

P1230635.JPG

P1230605.JPG
P1230638.JPG

P1230640.JPG
下山は月と羊蹄のご褒美にうっとり〜。

翌日は羊蹄山。
南斜面は連日の日射で腐りやすいとみて、

「量より質」
を求めてヒラフコースから。


IMG_9860.JPG
皆、いい笑顔でした。


クオリティー、大事です。

続きを読む
posted by ノマド gaidorepo-to at 12:05| 北海道 ☔| バックカントリー | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

JaPOW

世界に誇る北海道のパウダー三昧

ガイド:おだ

札幌市内は道路もカラッからの状態ですが山はコンディションばっちり。
4日間パウダー祭り。

まずは、仁木の大黒山へ。
IMG_9719.JPG
標高低くても大斜面、ツリーランありと楽しめるローカルマウンテン。

もちろん、だーれーもいなーい。
IMG_9707.JPG
次回、もっとパフパフになったら楽しめるアイテム。

そういえば、下で高速かなんかのトンネル工事やってて、何十年後かには新幹線走ってんだろうな。

場所を真狩に移動し『一ふじ』のハーブ豚のトンカツを味わう。
IMG_9720.JPG


翌日は羊蹄山へ。
真狩面は笹も消えていい感じにハッピーに滑ってきました。
IMG_9725.JPG

そういえば、今年は西風が多いのでどこの山も北斜面の雪のつきが少ないような。

翌日は、シークレットポイントへ。
IMG_9729.JPG
ここを通過しないと取り付けない幻の斜面たち。

落ちたら、即撤収。

IMG_9733.JPG

IMG_9735.JPG
もう深すぎのパフパフ。

最終4日目は札幌国際から朝里岳方面へ。
IMG_9741.JPG
久しぶりに光のあるパウダーをみんなでギタギタにしてきました。

あー楽し。

どこも雪不足で困っているようだが、北海道は今調子いいですよ。

2月の予約もお早めにね。

posted by ノマド gaidorepo-to at 13:05| 北海道 ☔| バックカントリー | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

謹賀新年!!

新年のおみくじは大吉だった。

ガイド:おだ

年末年始は6連ちゃんのバックカントリーでした。

まずは、恒例の「年末だよ!余市岳30日」。
ここ何年も年の瀬の30日に、ほとんど同じメンバーが集まり余市岳を目指します。
IMG_9660.JPG

The dayな日もあったり暴風雪だったり雨だったりとこのメンバーとのストーリーは多いです。

IMG_9659.JPG

今年は、


デケ♪デケ♪デケ…。

The Day 2015でした。
IMG_9662.JPG

YOUTUBEはこちらから、

そして久しぶりの年越し旭岳。
でしたが、前日に旭岳の雪崩の事故があり滑り納めは黒岳へ。
IMG_9673.JPG
マネキ岩から滑りパウダーを狙う。
IMG_9674.JPG
とにかく寒かった。

2016年滑り始めは、幌加内の里山へ。
IMG_9675.JPG
誰もいない原生林の中で粉雪楽しんできました。
IMG_9679.JPG

2-3日はキロロとニセコのパウダー。
IMG_9682.JPG
ニセコもまだまだ最高潮ではありませんが、徐々に滑れるラインも増えてきたかな。

4日は朝里岳周辺へ。
IMG_9692.JPG
久しぶりに軽い粉雪のオープン斜面を楽しめました。

IMG_9684.JPG
今シーズンもよろしくお願いします。
posted by ノマド gaidorepo-to at 15:17| 北海道 ☔| バックカントリー | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

ローカルマウンテンへ

浦臼山とキロロ1107

ガイド:おだ

毎年恒例の★5の浦臼山へ。

PC260001.JPG

そそられる大斜面=雪崩れやすい大斜面

PC260001-1.jpg

今年は雪も少なく下部の笹薮と戦うこと4時間で浦臼山ピークへ。
IMG_9630.JPG

細心の注意、バックアップをして大斜面滑ってきました。
PC260006.JPG

アプローチ長いし、標高低いけど、準備段階から楽しめるいいローカルの山だ。

会ったのは鹿とキツネの足跡と熊が引っ掻いた木のみの静かな山です。

こんな山、見つけた時はすごくワクワクしてくる。

下山後はぷらっと焼き鳥で〆る。
IMG_9633.JPG




日曜は今シーズンから何かと山に入るシステムが変わったキロロエリアへ。

マウンテンクラブに登山届けだして早速入山。

雪は多分、今現在日本一多いと思うんだけど、まだまだ例年の半分以下ぐらいで沢も出ているし低木も埋まっていないのでラインが難しい。

ただ、当面の一番のリスクは最初の一本橋の通過。

IMG_9642.JPG
靴幅で長さ10m。
落ちたら3m下の極寒の川。



年末年始の山お気をつけて。

posted by ノマド gaidorepo-to at 16:23| 北海道 ☔| バックカントリー | 更新情報をチェックする

4拍子

2015.12.22 上ホロエリアBC
ガイド:YOU


少し間が空いてしまいましたが、イヴイヴも大当たりだったんですよ^^

三段山の予定でしたが、まだ雪不足のため、
標高をあげて凌雲閣から上ホロエリアへ行ってきました。

上富良野から見た山並みはまだ雲の中でしたが、
凌雲閣に着くや否や、雲が割れ始め、濃い青の世界が広がり始めました☀☁

DSCF6208.jpg 幸先よいスタート!
続きを読む
posted by ノマド gaidorepo-to at 13:18| 北海道 ☔| バックカントリー | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

太陽とサンタに感謝

前十勝バックカントリー

ガイド:おだ

朝、ラジオからは今朝の富良野はマイナス21度✨✨✨
富良野に近づくいてくると、キーンと空気が凍り、ダイアモンドダストもキラキラ✨✨✨

富良野のセルフのスタンドで給油していると鼻毛も凍る✨✨✨

あーなんて、すばらしい。



十勝連峰から旭岳、トムラウシもくっきり見える快晴だ。

IMG_9548.JPG
放射冷却の影響で雪面はいたるところに表面霜が発達しキラキラ✨✨✨

これを滑ると気持ちいいのだけど、この上に雪が積もると雪崩の弱層の原因となるので注意が必要です。

IMG_9551.JPG
前十勝の前のエアー渡渉を進むと、ドーンと!!
空が蒼いね。
IMG_9552.JPG


貸切ハッピーな前十勝を滑りつくしました。
IMG_9562.JPG

IMG_9598.JPG

IMG_9602.JPG


Merry Christmas⛄🎄
posted by ノマド gaidorepo-to at 12:00| 北海道 ☔| バックカントリー | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

いよいよ

雪少ないけど、あるとこにはある。   ョ。

ガイド:おだ

今年はスーパーエルニーニョのせいか気温も高く、いつもの冬らしくない暖かさの北海道の山。

町はいいから山だけ降ってくれればいいんだけどね。

今こそパウダーガイドの見せ所ですので、今年パウダー用の板買っちゃったー、て方はいいとこ知ってますよ。



19日土曜日はニセコのチセヌプリへ。


直前に降雪もあってか、意外に笹に悩まされず旧スキー場を登り、あっさりとチセヌプリに登頂。

チセヌプリスキー場を蘭越町が譲渡先を募集してます。

5,000万円。

よーし、年末ジャンボ当たったら買ってやるかー。(たぶん?)


IMG_9484.JPG


IMG_9490.JPG
やはり、頂上は寒い。

PC190315.JPG
オープン⇒ブッシュ⇒オープン

なかなかロングラン滑れなかったんで、久しぶりのオープン。アー気持ちい。

PC190368.JPG

PC190334.JPG
オーバー


PC190343.JPG

PC190365.JPG


世界に誇るニセコもじょじょーに雪積もってます。



20日日曜日は札幌の街並み見下ろしながらのBC入門コース。

IMG_9523.JPG


登りも滑りも初めは大変だけど、みんなここから始まったのだ。


21日月曜日は札幌国際スキー場から朝里岳。
IMG_9526.JPG

いろいろと山では学ぶことも多い。

IMG_9534.JPG
今年もField Earthでガシガシ登って滑りますよ。

Field Earthコラボツアー   スノーボードの試乗もできます。   
1/17(日) BC入門 札幌国際
1/31(日) POWDERトリップ  場所は2日前に決定
2/2(火) BC入門 札幌国際
3/13(日) 余市岳

お申込み受付中です。
ガイド 小田

posted by ノマド gaidorepo-to at 14:38| 北海道 ☔| バックカントリー | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。