2018年02月28日

プランB

夢の島に行くはずが・・・

臨時で4月14日〜15日の弾丸利尻山バックカントリー予約受付中です。
詳しくは下まで読んでね。

ガイド:小田


P2250303.JPG
利尻じゃないよー。斜里に来てしまいました。


出発前から警戒していたが低気圧がカーリングのストーンのように利尻に入ってきた。
翌日朝には稚内が陸の孤島に!!
IMG_5897.PNG
何もできねー。
もちろん海は4m以上の時化でフェリーも欠航。
利尻も島一周が閉鎖になり停電になった場所もあったらしい。

ある程度は予想したが、ささっとプランBに変更して晴れてそうな道東の斜里岳をノープランで目指す。

行き当たりばったりで、今はやりのLS北見の常呂のカーリング場へ。
この夜に銅メダルを取ったのでまだ記者が数名程度。
IMG_5901.JPG
地元のジュニアの大会やってて素人はいきなり行っても出来ずに大会の観戦。
事前予約すれば指導員が着いてくれて体験は出来ますので今度は前もって計画しよっと。

この中から北京だか札幌(未定)のオリンピック選手が出るかと思うと楽しみ。

IMG_5902.JPG
ランチは網走でかきそば。
藻琴湖産のプリっぷりの大きいカキがごろごろで食べごたえありました。

IMG_5904.JPG
流氷はびっちり!
歩けそうだが危険なので歩かないようにしましょう。

IMG_5914.JPG
そして旅は流氷を眺めながら滑れるウナベツスキー場へ。

IMG_5919.JPG
景色も斜面も良く久しぶりにスキー場終了時間まで滑ってしまった。
かなりお勧めのスキー場です。

IMG_5921.JPG
夜は斜里の街で地元の食材食べます。こちらもおすすめ。

IMG_5923.JPG
翌朝は快晴無風の絶好のコンディション。
テンションあがりますよー。


根本峠からスタート。
しばらく平らを進み展望台につくといい眺め!
P2250212.JPG
東斜里と南斜里

P2250214.JPG
さらに高度あげると海別岳とオホーツク海に流氷がびっちり
上から眺める方が迫力あります。

P2250220.JPG
いいところまで登ってドロップイン!

P2250239.JPG
流氷バックはやばい

DSC_0602.JPG
いいパウダー

IMG_5989.JPG
標高差400mのビッグ斜面。
それぞれがいい斜面滑れました。

IMG_5940.JPG
バックは奥に国後島。近い。

ほんと外国みたいな景色に圧倒されます。

登りかえして気持ちの良い南斜面。
P2250271.JPG

IMG_5997.JPG
長い、長い、長い―斜面が気持ちよかった。

結果的にはナイスなプランBでした。

あらためて常にプランB、プランCまでは計画していることが必要だと思いました。
もちろんそこの引き出しも経験が必要です。



臨時 勝手にリベンジ利尻山バックカントリー 弾丸ツアーやります。
リベンジじゃない人ももちろん歓迎です。
P4290092.JPG

弾丸 利尻山バックカントリー  ガイド料金 40.000円
(4/13 22:00 札幌発  4/16 02:00 札幌解散 現地集合も可能)
4月14日(土)、15日(日)を日帰りで利尻山を登って滑ります。
場所は天候見て山頂を目指します。
通常のバックカントリー装備 + 要 アイゼン、ピッケル 
ただしその日の天候見てベストなエリアへ変更もあります。


詳細はガイド小田までご連絡ください。








続きを読む
posted by ノマド gaidorepo-to at 18:49| 北海道 ☔| バックカントリー | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

青空と粉雪

2018.1.20(土)〜21(日)
ビギナースキークラス 伏古山&中愛別山
ガイド:YOU



毎年1月恒例となったビギナースキークラス道北エリア低山BCお泊まりツアー。今年はこれまでにない天気と雪に恵まれた2日間となりました。

初日の方が天気が良いということで順番を入れ替え、展望も期待できる中愛別山へ。

登る前からワクワクする群青色の空と粉雪。
天気予報は夕方まで晴れ☀。はやる気持ちを押さえてゆっくり登りも楽しむ。

この地域の山が好きだと今回のツアーにご参加いただいたBCツアー最年長のKさん。
自らラッセルをしたいと先頭を行く。

DSCF4210.jpg
背中が語っていました。

いやー、素晴らしい。何て元気な事か。
自分も同じ年になった時に、こういう風にありたいとつくづく思う。大きな人生の目標をいただきました。ありがとうございます!




続きを読む
posted by ノマド gaidorepo-to at 14:56| 北海道 ☔| バックカントリー | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

開拓者 〜Pioneer〜

開拓者

ガイド:小田

地図読みが好きで、特に等高線の間隔(狭い、均等ないい斜面が続く)や北面、植生など見ているだけで、どんな斜面なんだろう?どの時期(厳冬期、春山)に行けるか? とワクワクしてくる。

ガイドは事前に行く山の地形図を見て、登るルート、滑るルート、安全な場所、風が当たりそうなポイント、悪いコンディション(悪天、カリカリ斜面)で撤退するかも知れないポイントその1、その2、その3、メンバーに合わせて楽しめるコース、人が多くて嫌な時に変更できるバックアップルート、次来た時に滑りたい場所などを頭に入れて行動している。
と自分では思っている。


3年前から気になっていた場所にたまたま行くことができ(半ば強制的に)、やっぱりイメージ通りの斜面が待ち構えていた。

IMG_E5464.JPG
多分、誰も滑ってないだろう斜面。

IMG_E5465.JPG

IMG_E5466.JPG
2日前に爆弾低気圧通過で雨が降ったがその後の降雪でリカバリー。
ナイスパウダー。

まだまだ100カ所以上も地形図で気になる斜面があるのだが…。
一人じゃ山に行かないのでなかなか空白地帯が埋まらない。

究極に行きたいのが国後島の爺爺岳。
無題.jpg
大人の事情で行けない夢の島。
正式にガイド依頼あればもう何年もイメージできてるので滑りのガイドできますので声かけてください。

松前小島.jpg
あと噂の松前小島も頂上から港への北東スロープ良さそう。



北海道の冬山はアプローチも遠く、駐車スペースも限られ週末など人気の山は集中してしまう。
また近隣住民との問題や、道路上や線路を滑ったり、ゴミ問題などマナーの悪さから入山、駐車できなくなってくる場所も増えてくる。
今シーズンもマナー守って、安全に楽しみましょう。

よいお年を!

posted by ノマド gaidorepo-to at 15:05| 北海道 ☔| バックカントリー | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

歓喜のパウダーDAY!

2017.12.23
ビギナースキークラス 黒岳BC
ガイド:YOU


全国的に寒さ・雪が早くやってきた今シーズン。
この波に乗らない訳にはいきません。

気温が上がった週末&本日(25日)。
続きを読む
posted by ノマド gaidorepo-to at 12:11| 北海道 ☔| バックカントリー | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

シーズン終了!

ガイド:小田

今シーズン滑走90日間。
12月は1ヶ月のネパールトレッキングから帰ってきて、3日後に社員旅行で台湾へ。
バタバタとしていて初滑りがクリスマスと遅めのスタートでしたが新しい斜面も開拓しいいシーズンでした。
混んでるニセコや旭岳、十勝あたりはシーズン中1回行ったかどうだか?

いろいろ楽しい思いも含めて滑り納めに北大雪の平山へ。
今年は標高1000mぐらいから上は例年以上の残雪でまだまだ気になる斜面だらけ。P5211666.JPG


P5211678.JPG
愛別岳気になるー

IMG_3874.JPG
スーパーフィルムクラストな大斜面

P5211664.JPG
上からだと標高差600m滑れる

P5211710.JPG
おっと!

P5201639.JPG
今シーズン初たき火

P5201636.JPG
ごちゃまぜ過ぎたか?

IMG_3884.JPG
ここをシーズンラストとする!多分ね

シーズン後の用具のあとかたずけは去年のブログから参考にしてください。


来シーズンも体幹、五感鍛えて楽しく滑りましょう!

さー夏山楽しも!
posted by ノマド gaidorepo-to at 12:49| 北海道 ☔| バックカントリー | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

春の目覚め


ガイド:おだ

札幌近郊も春の雰囲気が聞こえてきましたが、山親父も目覚め徘徊しています。

IMG_3468.JPG

明らかに人とは違う堂々とした足跡。前日か前々日。
IMG_3473.JPG
自分のXLのグローブですが、握手はしたくないな。

雪上歩いてれば対処できるだろうけど、気持ちよくザラメなシュートを滑っていて目の前にヒグマいたら。。。
去年4月、積丹岳でみた親子熊は標高差300mの雪山を10分かからずに登ってたから逃げられないだろーね。
そろそろGOPRO自撮り棒を熊スプレー持って滑った方がいいかもね。

気をつけましょう。

IMG_3474.JPG
稜線は「ゴー!!」っと風速20m/s以上の南風強いが北斜面から登って安全にザラメを気持ちよく滑る。

参加したお客さんと話していて、先日友人が雪の割れ目に落ちて何も手助け出来なかったと。

時間も十分あったのでレスキュー講習を急きょ開催。
IMG_3476.JPG
自分のスキー板を使って自己脱出。

IMG_3477.JPG
ロープでの引き上げ。

普段ロープは中々持ってないでしょうが、個人的に推奨しているのが7mm×15mか20mの長さの補助ロープ。
クライミングでは使用できませんが、一般的な補助ロープ8mm×30mよりもザックに入れていてもそれほどかさばらないです。大体350mL 缶ビールぐらいの大きさ。

IMG_3260.JPG
肉&ボードも引けるし、
IMG_3363.JPG
傷病者のツェルト梱包もできます。

洗濯ものも干せるし、暇だったらみんなで大縄跳び世界記録に挑戦も可能です。


登山用品店で切り売りしているので、もしもの時、助けるために携行するのをおすすめします。

正しい使い方は快く教えます。

posted by ノマド gaidorepo-to at 17:15| 北海道 ☔| バックカントリー | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

春パウダーのち・・・

ガイド:おだ


毎週、今度こそラストパウダーって言ってますが、まだまだ探せばパウダーもあります。

3/31の年度末POWトリは無意根山方面へ。
P3311272.JPG



P3311285.JPG

P3311292.JPG
気温上がりすぎて昼過ぎにはパウダーもねっぱって、板つかみ状態になる前にさくっと下山。

4/1 エイプリルフール余市岳
でも、残念ながらホントのパウダー
P4011330.JPG

P4011346.JPG

P4011404.JPG

P4011422.JPG
こんな晴れた日はどこでも滑り放題ですが、斜面利用多い場所は下に人がいるか確認が必要です。

4/2 羊蹄山
ザラメ狙いで真狩コースからスタート
P4021430.JPG
1000mテラスまで登ったら通称テラスの沢右が雪崩てた。
幅50m×標高差250m 自然発生だと思います。
一応、デブリをビーコンサーチしましたが反応なし。
P4021431.JPG
標高1380m付近の破断面

同方位の違う斜面でピット掘って確認したけど、あまりよくない雪の層構造。
こんな日はささっと安全ラインで滑って降りました。
しばらく同じ状態続くと思うので羊蹄エリアの同方向斜面は細心の注意が必要です。


posted by ノマド gaidorepo-to at 17:18| 北海道 ☔| バックカントリー | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

春近し 山とジンギスカン

山とジンギスカン

ガイド:小田

3連休はまずは道東へ。
威風堂々の山容の斜里岳を滑る予定が予報は風速20m/sの爆風予報。
早々にバックアッププランで紋別の貸切ローカルゲレンデ行ったり、
IMG_3142.JPG

かってに流氷ウォーキングしたり、
IMG_3191.JPG


国後島眺めながら滑ったり、
IMG_3186.JPG

ジンギスカン食べたり、(サチクの肉、衝撃的に美味い)
IMG_3153.JPG


もちろんパウダーも楽しんできました。
IMG_3251.JPG


翌日は気温も3月とは思えないぐらいに気温もぐーっと上がり、絶好の春祭りBC。
IMG_7994.JPG

青空と私とジンギスカンとノンアルビール
この時期になると週1はジンギスカンのサイクル食べてるかも?

IMG_3260.JPG
肉を雪上保冷しながら、みんなに見せびらかせながらの効率の良い運搬テクニック。

IMG_3267.JPG

IMG_3297.JPG
混んでるとこ嫌いなので今シーズン初めてニセコ来たかも。
外国人もめっきりいなくなり、最高の天気でのんびり山を楽しめました。

IMG_8009.JPG

IMG_3295.JPG
最高なフィルムクラストのシャバ雪楽しめました。

今シーズンは雪解けも早そうなので、春山のスケジュールをより刺激的に変更しています。

ご予約はお早めに




posted by ノマド gaidorepo-to at 15:59| 北海道 ☔| バックカントリー | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

BCルール

ガイド:小田

パウダーシーズンになりスキー場(ニセコやキロロ、旭岳など)も外国人スキーヤー&ボーダーの方が多いんじゃないかと思うぐらいになってきました。
当然、パウダー狙いも増えていて手軽にパウダーを楽しめるコース外(いわゆるサイドカントリー)でも日本人に会わない。
しれっと後ろからついてきて先に滑っていくスキーヤーやそこまで滑るかってぐらいの場所まで午後には滑りつくしています。
まあ、文化も違うし体力も日本人より強いです。

こないだ里山に滑りに行ったとき、登山口となるJRの駅員さんから注意喚起して!とお願いがありました。
先日、外国人のスキーヤーが山から滑って降りてきて、線路上をスキーで滑っていて列車を止めた事件があった。
今、協議しているところだが事故があると一大事なので登山口封鎖も含めて検討している。
もちろんプラットホーム上も滑走禁止なのでシール履いての移動ももちろん禁止です。

もともと昔からある滑れる初級〜中級者向けのクラシックなルートでした。
張り紙もルールもないのでネット上で見つけて経験ある方は軽い気持ちで行く人も多いでしょう。

線路の上は滑ってはいけません。
登山口となる駐車場や最終除雪地点では、
@場所も狭いので車は乗り合わせましょう。 
A最終民家などでは住人に声をかけて行きましょう。
Bゴミは落とさない(風で飛んで行ったかもしれませんけど) 
Cおしっこ(立ちション)の黄色いスポットは雪かけて消しましょう。山の中でも。あればみっともないですよ。
D車道横の除雪車回転場所には駐車できません。
E車道横のマッシュと思われるコブは雪崩止めです。
F牧草地などは私有地です。立ち入り許可が必要です。


外国人だけが問題を起こしているのではなく、ルールを知らない日本人も多いのが現状です。
みんなやっているからではなく。

問題が起これば登山禁止、駐車場の閉鎖、さらなるバックカントリーバッシングとなるでしょう。
モラルを守って、そういう人を見かけたら声かけして、北海道のバックカントリーを楽しむルールを守っていきましょう。
ついでに周辺のお土産を買って、ご当地グルメ食べて、温泉に入って地域を発見するのも いいバックカントリーの1日となるでしょう。
IMG_2379.JPG


もう一点、注意喚起。
IMG_2389.JPG
キロロの朝里沢川沿いのサイドカントリーを滑っての通称お帰りコースには1/26確認しただけで、落ちたら大変な大きな穴が2か所あります。
この時は外国人のスキーヤーがスキー板を穴の水の中に落としてしまいロープで救出していました。
もう1カ所下流の穴は、水流もあり体ごと落ちたら穴の中に吸い込まれる穴です。
利用者も多く午後にはツルツル凹凸コースになりスピードが出て突っ込めば落ちるし、どか雪が降れば入口は雪で隠れてしまうでしょう。

なるべくグループで通過をするか、慎重に危険なお帰りコースを進むしかありません。
救助の際は、ロープなどの道具と確かな知識と練習が必要になります。
もちろん管理区域外なので救助の際は救助費用が請求されます。

posted by ノマド gaidorepo-to at 17:06| 北海道 ☔| バックカントリー | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

FIELD EARTHコラボ 尻別岳&羊蹄山バックカントリー

最高な週末

ガイド:小田

ニセコ、羊蹄はまだまだ雪少ないけど雪が溜まっているラインを知っているガイドと行けば藪に突っ込んで迷うことない。

まずは、尻別岳へ。
IMG_2307.JPG
キラキラな最高な天気の中ハイクスタート。

IMG_2316.JPG
寒気入ってすんごい寒い日でしたが、あえて日陰のさらにいいパウダー求めて
「羊蹄ターーーン!」
ずっとしばれた。⛄
IMG_2318.JPG
板も走るし視界いいし。おかげで今シーズン一番いいパウダーでした。

泊りは、羊蹄山麓の「蝦夷富士小屋」へ。
落ち着く宿です。
(自炊ですから。)

ツアー参加者からサロマ産の特大カキ頂きました。
IMG_2320.JPG IMG_2321.JPG
もーとろとろ。
(自炊ですから)

IMG_2323.JPG
朝食はピタサンドとエビプリミネストローネ。
(自炊ですから。)

羊蹄山は朝は天気良かったが次第に雲の中へ。
1300mまであげて視界待ちで真っ白なガスの中、耐えること30分。

Gooooooooooo!
IMG_2338.JPG

IMG_2342.JPG

IMG_2333.JPG

IMG_2345.JPG
真ん中が滑ったライン。
今日も気持ちよくロングラン楽しめました。

IMG_2324.JPG
このワックスすご----く滑ります。

次回FieldEarthコラボは
3/4(土)POWDERトリップ(場所は未定)
残席わずかです。

月曜火曜は、ノマドの合宿。
巨匠カメラマン亀田さんと食べて、飲んで、登って、滑って。
いろいろいい写真撮れたと思います。
そこんとこはまた次回!!
IMG_2352.JPG

〈photo by Kumi〉


posted by ノマド gaidorepo-to at 16:05| 北海道 ☔| バックカントリー | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

16-17年末年始おさらい

ノマドも今年で30周年!

ガイド:小田


12月ネパールから帰ってきてバタバタと遅めのシーズンイン。

年末年始休みもなく過労気味にパウパウしていて遅れましたが

今シーズンもよろしくお願いします。

IMG_2282.JPG

IMG_2165.JPG
年末の旭岳はすごかったー。

IMG_2193.JPG


IMG_2185.JPG
もはや自分で作って食べたことさえ記憶にない年越しそば

IMG_2136.JPG
今年はちょいちょいとスキーも楽しもう♪
IMG_2039.JPG
好きな事:
誰も来ない山を2〜3週間前から雪と地形をイメージし、ルートを考えてフルラッセルして無事に滑ること。



posted by ノマド gaidorepo-to at 14:19| 北海道 ☔| バックカントリー | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

シーズンラストと後始末

ガイド:小田

シーズンラストはオプタテシケ山へ。

IMG_2014.JPG
天気も☀☀☀いいので春の装いで。

IMG_2050.JPG
前日は融雪間もないトノカリ林道を除雪と倒木処理して三股橋へ乗り入れる。
やはり鋸は必要。

IMG_1832.JPG
気温も暖かくなりテント泊が気持ちいい。

IMG_1752.JPG
夕食は、パエリアと新玉ねぎのサラダ。



IMG_1985.JPG
翌朝は快晴の中スタート。
20分後には雪もつながりサクサクと進む。
そろそろ見慣れてきたスタイル。

IMG_1988.JPG
じゃーんとバックにトムラウシ!

IMG_2027.JPG
こっちターンは美瑛岳と境山、下ホロの大絶景。

見渡す限り人工物のない、人もいない景色はすばらしい。

で、景色を堪能しながらオプタテ登頂。
IMG_2037.JPG


IMG_2056.JPG
大雪山は大きい。

IMG_2058.JPG
トムラアップで!
夏も含めて50回は登ったかなー?

IMG_2049.JPG
頂上から標高差550mのフィルムクラスト大斜面が最高!
気持ち良すぎて止まれない。

ラストにするにはまだまだ滑れるなー。
どうしよ?

とりあえず、まだ滑るかもしれませんが、今シーズンもありがとうございました。
次は5か月後かな?
10月ぐらいには雪のない時のシーズン前の講習会も予定してますのでアナウンスします。


あとは後片づけ、後片付け。

シーズン後のメンテナンスについてICI石井スポーツ札幌店 藤野さんに聞いてみました。


@ビーコン

 ・電池を外しましょう(液漏れで本体が破損する場合があります)

 ・湿気のない日の当たらない場所で保管しましょう。

IMG_2071.JPG

Aシール

 ・水洗いして汚れ、ほこりをとる。

 ・保管用シートなどに張り付け、ほこりの吸着を避ける。

 ・高温な場所はシールのりが劣化し溶けるので湿気のない冷温の場所に保管する。冷蔵庫とか。

IMG_2072.JPG

Bスキー板、ボード

 ・古いWAXなどを落とし一度きれいにし、WAXを塗りっぱなしにしておくか、ビニール袋などに入れてほこりがかぶらないようにする

C伸縮性ストック

 ・全て抜いてばらした状態で保管。湿気で内部が錆び、動きが悪くなります。

Dウエア、ダウン、グローブ

 ・専用の洗剤で(Gore-tex,ダウン用)で洗濯。防虫も‼

Eザック

 ・汚れを水洗いして乾燥して保管しましょう。積み重ねなどでゆがまないように。

Fブーツ

 ・インナーを抜き乾燥させたうえでバックルをしっかりとしめた状態で保管する。



さー、夏山楽しむよ💡💡💡


posted by ノマド gaidorepo-to at 12:50| 北海道 ☔| バックカントリー | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

芦別岳BC

山とグルメ

ガイド:おだ

GWも中旬。
山中1泊の予定が天気悪いので日帰り装備で早朝☀出発。
IMG_1663.JPG
最初の1時間弱は自然に溶け込むスタイルで新道から登る。
いつみてもシュールだ。

IMG_1648.JPG
中、省略して半面山からドーンとナイスな景色。左が芦別岳、右が雲峰山。
白いとこはSYT(スーパー雪つかみ)なので滑るときは黒いとこラインをインプット。

この日は北海道中が異常に暑い日で富良野市内でも最高気温26度。💦💦💦

IMG_1665.JPG
頂上直下の急斜面も雪がいい感じに緩みシールつけたまま登頂。
アイゼン、ピッケル、ロープ持って完全武装用意したけどラッキーでした。
念には念を。

IMG_1666.JPG
だんだんと顔黒くなってきた。

IMG_1672.JPG
そして頂上からの大斜面を楽しむ。

IMG_1675.JPG
登りかえして雲峰山から気持ちいいザラメの大斜面。

IMG_1661.JPG
標高落として旬な極上のアイヌねぎ狩り。

IMG_1662.JPG
あら、あんたもいたんだ。


IMG_1681.JPG
そしてアイヌねぎとジンギスカン。ダニは入ってないよ。

翌朝はしっとり雨なのでゆっくりとBF。
IMG_1684.JPG
アラスカで良く食べたエッグベネディクト。

小田レシピに入りました。

今シーズン、残りあと2ツアー。
気合い入れて楽しも!






ラベル:fieldearth
posted by ノマド gaidorepo-to at 16:19| 北海道 ☔| バックカントリー | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

春のにおい

春は引き出し多く。。。

ガイド:小田

札幌の街中もチラホラと桜咲いてきましたね。
土曜は恒例の春の羊蹄山。

と思いきや、倶知安に近づくにつれ暗天に☁☁☁
天気予報はこれから雷⚡を伴った雨☔☔☔。でも昼から晴れ☀模様。

先週に引き続きぶーぶー言われながらも貸切室内オープン面がつるっつる1枚バーンへ。
IMG_1374.JPG
シャキーン✨✨✨
ノマドなんちゃってスケート部発足💡
気味。

IMG_1371.JPG
初めての人もさすが滑り屋。
生れたての子羊で壁につかまりながらヨタヨタ歩いていた(トラバース)人も1時間後にはそれなりに滑れるようになりました。

加齢おじさん10人で華麗にぐるぐる廻る絵はシュールだった。
滑り足らなそうなんで次回も積極的に行くよ。


翌、日曜はうって変わって晴れ男&晴れ女が集合し天気も良く札幌国際から白井岳へ。
IMG_1390.JPG

春山バンザイ!!

IMG_1389.JPG
お昼のジンギスカンをスリングで散歩状態にして参加者に見せつけながら春山を歩く。

IMG_1387.JPG
げっ!!
まこちゃん?

前日のヒグマの足跡だろうけど大きい親爺です。

IMG_1403.JPG
Powerd by Red Bull.

IMG_1391.JPG
吊り尾根の大斜面ザラメーを滑るとそんなことも忘れ。

IMG_1396.JPG
更なる面へ肉をちらつかせながらハイクアップ。
ついてこないと食べさせないよー。

IMG_1406.JPG
そして、いつもの場所へチェックイン。

IMG_1407.JPG
今日は国旗付きジンギスカン♫
何ヶ国あてられたでしょうか?

IMG_1409.JPG
あー、うんまい。
ジンギスカンとノンアルコールビール。
春はのんびりが最高です。

IMG_1412.JPG
あとは沢沿いのお帰りコースを残り少ないスノーブリッジを頼りに下山。

*白井岳、ブロードからの朝里岳沢川沿いお帰りコースのスノーブリッジはあと1週間も持たないかも。
雪解け水も増えていて渡れる場所も限られます。
GW行く予定の方はそれなりの装備で行ってください。

IMG_1521.JPG
夕方は夕陽良さそうだったので家族と宮島沼にマガンのねぐら入り見学。

感動的ないい夕景をありがとう!


ラベル:fieldearth 北海道
posted by ノマド gaidorepo-to at 17:38| 北海道 ☔| バックカントリー | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

最近気になること

渡り鳥 のちPowder

ガイド:おだ



夏のスケジュールも発行し、ホームページ委員長も夏バージョンにUpできて一息ついた。
引っ越しなどでスケジュールまだ届いてない、会員の方は事務所まで連絡ください。


まずは旬の話題。


北海道は今、北に向かう渡り鳥のシーズン。
日本最北で最大のマガンの寄留地 宮島沼が今、すごいことに。
P4100050.JPG

夕方のねぐら入りはあちこちからV字隊列で宮島沼を目指してきます。
あちこちバズーカ並みのすごいレンズをつけたカメラマンが多い。

P4100126.JPG
綺麗なV字。
「コンちきしょー!」とかハートマークの絵文字で飛んできたらおもしろそうだ。

4/14でマガンが46.000羽。
来週はもっと増えそう。

そのマガンたちが陽が昇る4時30分ごろにいっせいに飛び立つ(ねぐら立ち)瞬間は、迫力あって凄いよ。

IMG_1117.JPG

IMG_1139.JPG


4月末までの季節ものですので夕方または朝早くに自然のすごさ感じてきてください。
くれぐれもマナーを守りましょう。


自称マガン愛好家ガイドより。



ところで、

先日は、北海道山岳ガイド協会の総会が歌志内で開催され、北海道のいけてるガイドたちが毎年春に集結。

運動会のようなガチでテクニカルな山岳レースをやってへとへとになり、あとは仲良く飲みにケーション。

IMG_1031.JPG




翌日は昼から場所を十勝岳温泉に移動して、雪氷災害調査チームの春の研修会。

新しい世界基準のレスキューを練習。
ビーコンサーチやスラロームプロービング、効率のいいV字シャベリングなど目からうろこの最新技術が満載。
IMG_1052.JPG
来シーズンからの雪崩講習会は是非参加した方がいいよ。

IMG_1055.JPG

連日のハードなスケジュールでいつものツアー以上に頭も胃もマックス。⤴


それでも、エイプリルパウダーはしっかり頂きます。✨✨✨
IMG_1131.JPG

IMG_1129.JPG
Road to Mt.Yotei.

Snowシーズンもあと1ヶ月⛄⛄⛄

楽しみましょ!!
posted by ノマド gaidorepo-to at 17:24| 北海道 ☔| バックカントリー | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る