2014年09月20日

五竜岳〜鹿島槍ヶ岳〜爺ヶ岳 縦走

2014.9.7-11 


TMBに続き、今度は後立山の縦走へ行ってきました。
出発の数日前まで天気予報は微妙なラインナップでしたが、問題無用晴れ
蓋を開けてみれば、尻上がりに良くなる好条件でした。

初日は北海道から移動し、飯森駅の近くにある北斗荘さんにお世話になりました。
北斗荘さんは、一昨年の冬にガイド試験の時にお世話になった民宿で、
オーナーの松本さんご夫婦の人柄、そして美味しい料理が忘れられなく、
こちらに来たときは・・・・という思いがかない、嬉しい再会となりました。

【DayA】
五竜とおみスキー場のテレキャビン利用で登山スタート。


IMG_4002.jpg 白馬三座をバックに。

朝食もたくさんいただいて、元気十分!
展望も良く、幸先の良いスタートです。 
五竜岳・鹿島槍ヶ岳の展望が良い小遠見山を経由し、遠見尾根を詰める。

整備がされていて登りやすい登山道。
時折現れるザレ場や岩場がこれまた良いスパイスでした。

IMG_4030.jpg 鎖も付いてます。

途中からガスって展望がありませんでしたが、
白岳の山頂に辿りつくと山の向こう側は晴れてました。
頑張ったみんなにご褒美・・・のひととき。

唐松岳の展望を楽しみ、五竜山荘でゆっくりと過ごしたのでした・・・ビール


【DayB】

IMG_4048.jpg 御来光もばっちりの朝。

寝ている間に雲は下がって、明け方前には星空に。
朝起きてから皆さんテンション高いこと・・・・(笑)

IMG_4044.jpg 朝日に染まる五竜岳。

サクッと朝食をいただいてのスタート。
この日は鹿島槍ヶ岳までの歩行。途中にある八峰キレット周辺は、長野県山岳遭難防止対策協会によりヘルメット着用奨励山域となっています。キレット周辺のみならず、ルート上には上からの落石の危険性のある場所がたくさんあります。僕らも万事に備えて、バッチリフル装備でスタート!

IMG_4055.jpg 決まってますね・・・!

皆さん凛々しい表情でした手(チョキ)
この日は主に岩稜帯を歩く。

IMG_4081.jpg 楽しい岩場がたくさん!

緊張を強いられる場面も多いですが、
時折高山帯のなだらかな道もあり、時期が良ければお花畑かわいい
アメとムチがあるナイスコースですね。

グイッと上がって、まずは五竜岳山頂。

IMG_4085.jpg 立山方面。右は剱岳。

IMG_4088.jpg 鹿島槍ヶ岳。

IMG_4091.jpg 来た道。唐松岳方面。

もうここで大満足!(笑)と言わんばかりの好展望でした。

満足するまでじっくり眺め、写真を撮り、気を引き締めて再出発。

下りから始まるのですが、ザレ場や切れ落ちた場所など、集中力が必要な場所ばかり。
落石・滑落と十分に気をつけながら、一歩一歩慎重に。
ところどころ、鎖や梯子も付いていて、変化に富んでいます。

おおよそ中間に位置するキレット小屋で大休憩。
お弁当を食べたり、気合いを入れるのにコーラを飲んだり・・・!
すぐにグイッと登るので食べ過ぎは注意ですね・・・。

IMG_4120.jpg キレット周辺。

足場が木造の橋だったり、梯子・鎖が連発したりとスリル満点・・・爆弾
写真の場所は、カニノヨコバイの様な感じでした。鎖場をへつって、梯子を下って。。。

キレット小屋のあたりから鹿島槍山頂周辺まではガスでした。
『集中しなさいよっ!』という山の神様からの思し召しだったのでしょう。
全員集中力・体力を切らすことなく、山頂ではガスだったものの、無事に通過。

IMG_4127.jpg まだ元気もある!

IMG_4130.jpg Bチーム

ご紹介が遅れましたが、今回の縦走もPacificrim Sportsの寺田 匡志さんにお手伝いしてもらいました。以前にもまして登山における専門的な知識が豊富で、一緒に歩くと本当に色々なことを教えてもらえますよひらめき
ガイド試験を一緒に受験した仲ですが、こういう仲間がいることを本当に幸せに思っています。
寺田さん、今回もありがとうございます!


鹿島槍山頂で装備を解除して身軽に。
荷物はちょい重に・・・。

目指すは冷池小屋。資料によると『つべたいけ』だったりしましたが、
小屋の方々が『つめたいけ』と言っていたので、ツメタイケコヤに決定。

風も強く肌寒い下りでしたが、突如晴れ間が出たと思えば、あっという間に快晴に晴れひらめき

IMG_4133.jpg 急に明るくなって空が割れる。

鹿島槍の勇姿を背に、歩を進める。
布引岳に着くころには、立山連峰もバッチリ現れる。

IMG_4163.jpg 行く先には爺ヶ岳。

剱岳に落ちる夕日を眺め、無事小屋へ到着。

IMG_4168.jpg 感動のフィナーレ。

長い一日を無事に歩くことが出来ました。 


【DayC】

この朝も雲海気味。昨日の様な御来光とは行きませんでしたが出発の頃には快晴。

風もややありましたが、登りには丁度良い。

IMG_4196.jpg 展望もGOOD目ひらめき

気持ちの良い稜線歩きの一日。
昨日の達成感を更に良きものにしてくれるご褒美でしたね。

五竜・鹿島の百名山系の山頂に続き、三百名山の爺ヶ岳にも登頂。
ぐるっと360度の大パノラマ。

IMG_4218.jpg 最高の眺め!



IMG_4201.jpg 穂高方面もクッキリ。

IMG_4216.jpg 針ノ木岳方面。
中央左の谷には扇沢の駅も。

ここから種池山荘へ剱岳を臨みながら下る。

IMG_4235.jpg だいぶ色づいてました。
後は鹿島槍ヶ岳。

小屋前のベンチなどをお借りして柏原新道の大下りに備える。

山小屋があるってすごいことですよね。
北海道から考えると信じられません。
お金を払えば、冷たい飲み物や、暖かいものまで手に入る。

仕事ではありますが、本州の山小屋泊の仕事に来るととっても楽させてもらってます。

テントでお酒飲みながら料理して、お客さんと話す時間も良いですけどね!

最後にけがをしてはならんと、大きな落差をじっくり下り、縦走終了。


充実の3日間。名残惜しいけど、山から下りて大反省会〜ビールレストランひらめきexclamation
皆さんの気持ちの切り替えぶりは抜群に早かった・・・(笑)!
大町温泉に泊まり、夕食前に1次会、夕食が2次会みたいな盛り上がりぶり!ビール

最高に楽しい午後〜夜でした。


【DayD】

最後の日はゆっくりして、松本でランチならここ!僕のオススメ『ヒカリヤ ヒガシ』さんにて。

IMG_4260.jpg 

明治18年に建てられた建物は、2010年に国の有形文化財にも指定されています。

IMG_4263.jpg 外観。

IMG_4255.jpg 料理も抜群に美味しいグッド(上向き矢印)

相変わらず、素敵な時間とランチを楽しませてもらいました。
次はいつ来れるかな?

そして〆は行きしなでしったあずさのデザート。

IMG_4264.jpg 信玄餅入りアイス。

普通のバニラはまだ食べていませんが、絶対?こちらの方が美味しいと思い、
発車して最初にワゴンサービスが来ると、全員でオーダー!

ようやく僕の番が来て頼むとそのワゴン内にはもう品切れ(笑)
お兄さんがひとっ走りして取ってきてくれ、無事に帰りもありつくことが出来ました。

良く歩いで、良く飲んで、そして良く食べたレストラン
お客様方も楽しい方ばかりで、4拍子揃った最高の山旅でした手(チョキ)(YOU)



posted by ノマド gaidorepo-to at 14:08| 北海道 ☔| 日本 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。