2014年07月07日

南アルプスへ

2014.6.30〜7.4 甲斐駒ケ岳・仙丈ケ岳・北岳 5日間


初夏らしくなった北海道を離れ、一路南アルプスへ行ってきました。

日本の真ん中ちょい手前、といったところですが、
やはり懐深い南アルプスはアクセスが大変なんですね。

今回は山交タウンコーチさん、芦安観光さんのおかげで、快適な移動となり、
初日から北沢峠・こもれび山荘まで入ることが出来ました。

DSCF3194.jpg とっても快適・こもれび山荘。


梅雨の時期ではありましたが、運よく全日程大した雨に当たることもなく、この時期にしてはとっても恵まれた5日間でした。

登山のスタートは甲斐駒より。
朝は4時にスタート。まだ暗い・・・。最初の1ピッチで明るくなりましたが、
北海道から比べると30分以上明るくなるのが遅かったです。

意外にも、南アルプスの山々はまだ新緑でした。
北海道とはまた一味違う森を楽しみながら歩く。

DSCF3223.jpg 気持ちの良い朝。

順調に登り、甲斐駒の前衛峰的な駒津峰へ。

DSCF3266.jpg 仙丈ケ岳。

DSCF3270.jpg 甲斐駒ケ岳。

展望も天気も抜群晴れ

景色の良い所へ出るたび、元気を貰い進みました。

甲斐駒ケ岳、終盤。
花崗岩の独特な岩場やザレを楽しむ。

DSCF3286.jpg 北海度にはない、かな。

DSCF3289.jpg 時々ガスの中。

山が二分して、東側に雲海があり、そちらから上がるガスで時々真っ白に。

早出した甲斐もあり、山頂にじっくり30分の滞在。

DSCF3310.jpg 広くて良い山頂。

帰りは駒津峰から双児山を経由して、直接こもれび山荘へ。
幸先の良いスタートを切ることが出来ました。


3日目。仙丈ケ岳へ。
この日もヘッドランプ点けて4時スタート。
こもれび山荘さんのご厚意で、3:30からお味噌汁も出していただき、ありがたい朝食タイム。

道中、最もおだやかな一日。

DSCF3377.jpg 稜線歩きは気持ち良い!

好天に恵まれ、また風も涼しく快適。

DSCF3384.jpg いい青でした。

そうそう、写真上の左は、
今回羽田集合で2人目のガイドとしてお手伝いしてもらった、
Pacificrimsportsの寺田匡志さん。

一昨年一緒に山岳ガイドステージTの試験を受けた間柄で、
今回快く仕事を引き受けて下さいました。寺田さん、お世話になりました!

その後も調子よく進む。

DSCF3392.jpg

DSCF3397.jpg 雪も沢山あった!

小仙丈ケ岳で休憩していたら、雷鳥も登場。

DSCF3406.jpg お久しぶりです。

夕方前から雨の予報も、全然降られず。
皆さんの足取りも順調で、予定より1本早いバスにも乗れ、順調順調!

予定より早く広河原山荘へも入り、有意義な午後。
ゆっくり過ごし、ビールを楽しんで、良い時間でしたビール


4日目。北岳へ。

すっかり4時スタートも板につく。

DSCF3423.jpg 朝の天気もGOOD。

大樺沢へ進み、2000m過ぎた辺りから見事に雪渓。

DSCF3438.jpg 雪渓before。

風は冷たいものの、さすが道産子たち、元気いっぱい。

DSCF3441.jpg 後に鳳凰三山も。

淡々と高度を上げる。
雪渓上には、落石の跡も沢山で、気が抜けません。

約600m雪渓を上がり、
底から更に沢山の梯子と格闘し、八本歯のコルへ。

DSCF3495.jpg そこからも更に梯子・梯子。

コルからはガスが上がってくるも、
進んでいるうちに抜けたり、入ったり。

DSCF3513.jpg もう少しで富士山が・・・!

疲れが出るものの、頑張って進む。
そう、僕らの今回の目的はキタダケソウなので!!

DSCF3547.jpg ありましたかわいいかわいいかわいい

思った以上に沢山あり、一面広がるキタダケソウを楽しむことが出来ました。

じっくり花畑を楽しみ、最後の1座となる北岳へ。
そのころには、山を覆っていたガスもすっかり抜けて、富士山もずっと見えました。

第二の高峰に登りながら、第一位も見えるのは何とも言えない良さがありますね。

DSCF3588.jpg 山頂&富士山。

この写真を撮ったあり、Aさんが『ちょっと待って!カメラ貸して』というので渡すと、パシャリ。

この間登ってきたばかりの富士山でしょ!
そうです。先月行ってきたばかりだったので、僕にとっても感慨深い北岳でした。

ということで、富士山を股にかけるガイドという意味の一枚(笑)



DSCF3592.jpg そうきたか(笑)

Aさんありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

無事に肩ノ小屋にも到着し、落ち着いたところで乾杯!

DSCF3612.jpg 寒さもへっちゃら。

雨が降ってきたので中に入りましたが、その後も楽しい時間は続く。。。

連日小屋に入ってから、夕方や夜中に大荒れに台風
この日も夜中にかけて、しっかり小屋の屋根を打つ音が続きました。


5日目。
朝まで続いた雨は、出発時にもパラパラ。
さすがに稜線だったので、風も強く、フル装備でスタート。

風向きが良く、小太郎分岐から降りるとすぐに落ち着き、雨も早々に止む。
今回の山での4日間、雨具を着て歩いたのはたったの1h程度。ツイてます!

DSCF3668.jpg 最後に森を楽しみ、、、

DSCF3682.jpg 宴会ランチで〆っ!

好天を引き寄せる道産子娘たちのお陰で最高の5日間でしたわーい(嬉しい顔)
来年の南アルプス企画にも乞うご期待!!(YOU)




posted by ノマド gaidorepo-to at 12:30| 北海道 ☔| 日本 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。