2014年05月09日

隠れ家的な山

2014.5.6-8 下ホロカメットク山


トムラウシが大雪の奥座敷と呼ばれるのなら、
十勝連峰の端にある下ホロカメットク山は隠れ家のような山でした。

各地の山から、すっと伸びたつあの独立峰に目を惹かれた方も多いはず。

雪解けが早く、藪が少々心配された今回でしたが、
思いのほか林道の雪解けも良く、ある意味快適。

先週の情報より少し車が入ったかと思えば、大倒木・・・たらーっ(汗)
束の間のウキウキでした(笑)
何とかしようかと頑張ってみたものの、手強く無理せずここから歩くことに。

DSCF1500.jpg


ほとんど雪が溶けていて歩きやすかったので淡々と進む。

DSCF1517.jpg おっ!見えました目

お目当ての下ホロです。
残雪状況もまずまず。ルートの確認をして、更に進みBC設営。

翌朝。

北方の雰囲気満点の原生林を進み、あの頂を目指す。

DSCF1537.jpg


天気予報も良い方に外れ、高度を上げるほどに展望も良くなる。

DSCF1560.jpg 王者の風格。トムラウシ山。

DSCF1572.jpg 十勝の重鎮。オプタテシケ山。

そのほかにも東大雪の山々も見渡せ、登山が楽しい良い日になりました。


昨日見えた頂上直下の藪へ突入。
10分程度のハイ松漕ぎでした。ちょっぴり苦労するものの、もうそこは山頂。



DSCF1576.jpg 弱点見えるようになったかな?

山頂の二等三角点も確認。
幸い強く吹く風は登る方向の向こう側からだったので、寒かったのは山頂のみ。

DSCF1596.jpg あとは快適な下山。

予備日を持っていたので、ゆとりのある行程で、登山日和を満喫できました。
テントに戻ってからも、お話に花が咲き、楽しい山での時間わーい(嬉しい顔)

最終日はゆったりとした気持ちの良い朝を迎え、更に溶けて歩きやすくなった林道を下山。

倒木はどなた様かが切っていて下さった模様。
惜しかったな・・・(笑)

下山後は、新得の知られざる秘湯・オソウシ温泉へいい気分(温泉)

看板犬のケンちゃんがお出迎え^^

ぬるっとしたお湯がこれまた格別でした。オススメです。

残雪登山のツアー、有難いことに晴れの山頂を踏み続け、連勝中です手(チョキ)感謝!(YOU)


posted by ノマド gaidorepo-to at 14:30| 北海道 ☔| スノートレック | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。