2014年05月09日

雪少ない!!

2014.5.1-4 ピリカヌプリ


困った困った。。。
この春は半月分くらい雪解けが早くいろいろ苦労してます。。。

そんな中頑張って行ってきたピリカヌプリ。
これで6度目のピリカヌプリでしたが、これまでで一番藪率高し・・・!

DSCF1440.jpg 黒いでしょ〜・・・!

でもそんな中、皆さん頑張って来ました^^


前の週のダイゴからの情報に戸惑いましたが、
僕らの時はそれほど埋まることもなく、結構快適に歩く足足足

アタック当日。

DSCF1391.jpg 十勝平野は雲海でした。

雪もほどよく締まり、サクサク快適にスタートを切ることが出来ました。

DSCF1396.jpg しばらく進み、御来光。


雪が続いたと思えば、藪の踏み跡へ突入し、また雪へ。
部分的にこの繰り返しを続け、いいところは雪・雪・雪。安定していました。

日も上がり、しばらくすると雲海が動き始める。

DSCF1436.jpg アップダウンで出たり入ったり。

雲の中に入るとちょっとひんやり。
出ると、日差しも強めでちょっと暑い・・・。道も色々なら、気象条件も色々。

DSCF1447.jpg 滝雲も流れてました。


頂上への終盤戦は、アイゼンなしの藪ルート!!
見切りをつけて早々にアイゼンを脱ぎ、稜線の踏み跡と通りやすいところをひたすら進む。

DSCF1465.jpg 終盤雲海が消えていき・・・晴れ

DSCF1470.jpg 晴れの山頂を踏みました晴れ


休憩している間の15分程度、ピリカヌプリの大展望を楽しむことが出来ました。

さぁお帰りなさい・・・と言わんばかりにまた雲海が込み上げてきてあたりは真っ白・・・。

ここまで頑張った道のりを今度はBCまで帰りました。


最終日は予報通り荒れまして...台風

トヨニ岳南峰のトヨイ岳、岩稜になっているところのコルでは、
経験史上最強の風でした・・・台風台風台風 風速20-25mはあろうかという勢い。

四つん這いになって、地面にピッケルを刺し、一人ずつ渡しました。

あの地形、特殊なんでしょうね。
ここを越えれば、何てことなかったかのような風の収まり具合。

風にも呼吸があるので、その隙をついての地道な歩みでした。いい経験でした。


無事に全員下山を果たしたころには晴ればれ・・・晴れ

とっても濃ぉい4日間でした手(チョキ)(YOU)



posted by ノマド gaidorepo-to at 14:09| 北海道 ☔| スノートレック | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。