2014年03月12日

ダイエットに最適?

2014.3.9(SUN)  美笛峠ダウンヒル


実はこの企画、ふたを開けてみると先日の吹雪の影響もあり、
素晴らしいラッセルから始まり、そしてアップダウンを繰り返し、
行程も6hとしっかりと歩くスーパーダイエットコースでした・・・ダッシュ(走り出すさま)

でも春先の大きい山に行くためには持って来いのトレーニングだったと思います。
下山して-2kgを記録したコースの内容はこちら↓↓

美笛峠から稜線へ上がろうとすると、先日まで荒れていたせいで吹き溜まりが大発達・・・。

出だしから膝くらいの重パウのラッセル・・・バッド(下向き矢印)
このまま行くとエライことになるな、、、と先が思いやられたスタート。
少し進むと、すごいワッフ音と共に作業道の法面が広範囲で大崩落・・・バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

IMG_1371.jpg 見事に伝播しました。

暖気の後に、強い寒気で上載積雪満載、そして急斜面で大崩壊・・・。
分かり易いだけにありがたいですが、深いので危険です。
場所によっては同じような条件があると思うので、気をつけましょう。


稜線に上がると、深さも解消され快適に進む電車
天気にも恵まれ、展望も良好でした。

IMG_1374.jpg
左:恵庭岳 (間に支笏湖) 右:風不死岳(ふっぷしだけ)

IMG_1376.jpg
左:風不死岳 右:樽前山

風で飛ばされ気味の堅い稜線を淡々と進む。
振り返ると、雪庇がこれまたとんでもなく発達していました。

IMG_1373.jpg 一番奥が約10mほど。

よっぽど風が強かったんでしょうね。
久しぶりにあんなにせり出した雪庇にみんなで驚きました。


そういえば白老岳に登られている二人組の姿も良く見えました。

こちらは写真がありませんが、
その向こうには、ルスツスキー場、尻別岳、羊蹄山の姿もクッキリ。
展望日和でしたね。


立派な雪庇たちに別れを告げ、後半戦。

IMG_1381.jpg 深い、、、重い!

快適かも・・・と期待していた下りもまた修行・・・(笑)
深すぎて尻滑りも困難だったので、鍛えてもらいました手(グー)


その後は細めの尾根が連発。
なかなかスリリングなところもあり、気を抜けません。

何だかプチ日高な感じがして、経験者にとってはやる気倍増手(チョキ)

あっけなく亀裂音も出たり、見事に崩れたり・・・。
いやらしいところは予め落として、慎重に慎重に。

IMG_1382.jpg 波の様ですね・・・。

要所要所を上手に通過していただき、
皆さん雪庇地帯の歩き方、精神面もレベルアップしたのでは・・・。


途中、光を浴びて恵庭岳がキレイな姿を現しました。

IMG_1386.jpg また登りたいですね。


危険地帯も無事通過し、最後はやっぱり尻滑りで〆っ!

IMG_1391.jpg 良く走る雪でした。

面白くも大変でしたが、唯一遊べたこの長い一本がとっても良かったひらめき
ということで、本日の100点満点をいただきました(笑)


これから春先に向けて、徐々に大きな雪山にも登るツアーもあるということで、
ご参加いただいた皆さんには良きトレーニングになったかと思います。

大変お疲れ様でした!&ありがとうございましたひらめき(YOU)


posted by ノマド gaidorepo-to at 17:15| 北海道 ☔| スノートレック | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る