2013年12月03日

ネパール カラパタールとアイランドピーク

2013年11月6日〜30日 ネパール  (おだ)

約1カ月弱、ネパールを歩いてきました。

目標のアイランドピークには、残念ながら登れませんでしたが、ず−っと快晴晴れ晴れ晴れ
毎日のんびりとヒマラヤの山々を堪能できました。


DSCN4009.JPG

まずは、バンコク経由飛行機でネパールの首都、カトマンズ入り。
以前よりは、交通渋滞も少なく、すんなりホテルにチェックイン。

翌日は、ルクラへ。
断崖に作られた飛行場に到着。

DSCN3793.JPG

いよいよ、トレッキングのスタート。

DSCN3798.JPG


高所順応も考えて1日当たり4〜5時間しか歩かないので快調そのもの。

DSCN3818.JPG

こんな吊り橋も通り、
DSCN3835.JPG
ナムチェバザール(3,446m)に到着。

ナムチェの街も、以前より建物とかがきれいになっていて、WiFiは当たり前のNET環境。

DSCN3852.JPG
ちょっと上がってエベレストビューホテルからのお決まりのTea Time喫茶店

DSCN3853.JPG

遠望ですが、エベレストが近づいてきた。

さらに道を進んで、タンボチェ着。
お坊さんも、そうじに忙しそう。
DSCN3864.JPG

DSCN3870.JPG
丁度、エベレストのトレラン大会やってて、やはり優勝は地元のネパール人だったそうだ。

DSCN3909.JPG
標高約4,000mのショマレからはアマダブラム(6,856m)が目の前で見上げる場所にやってきました。

DSCN3915.JPG
さらに進み、ディンボチェ(4,410m)到着。

かいつまんで進みましたが、ルクラを出発して5日目。

トレッキング中の食事は、こんな感じ。
014a770012d12a41e667fd3fda53d72aa2862defd4.jpg
巻きすまで用意してくれていて、毎日、美味しいご飯頂きました。


DSCN3917.JPG

DSCN3921.JPG
日差しを利用してお湯を沸かす、エコなものを発見。

ネパールで作っているらしく、一台欲しくなった。
いくらぐらいするかは、現在、調査中。

DSCN4007.JPG
ここからカラパタール目指して北上。
奥に見えるのがロブチェイースト。
簡単に登れるらしいが、標高は6,119m。


DSCN4008.JPG
ん?
サンタさん?

DSCN4045.JPG
最奥のゴラクシェプ(5,140m)に到着。
ひときわ高いピークがプモリ(7,165m)。
その下の黒い丘が、かの有名なカラパタール(5,545m)。

まわりに高い山があり過ぎて高度感がおかしくなりそうなピークです。
でも、5,545m。

高所順応ちゃんと出来てれば、問題なく登れるでしょう。

DSCN4059.JPG
あとひと登りでカラパタール。

DSCN4061.JPG
さすがピークからはエベレストがまる見えの展望台です。
0156a491f38a6aa1ccad8e25a9c436e584ca5953bd.jpg

ゴラクシェプ泊りだったんで、1人残って夕陽まで粘ってみました。

DSCN4083.JPG

満月も出てきて徐々にいい感じに・・・。

DSCN4099.JPG


DSCN4105.JPG
最期は、真っ赤に燃える〜ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


翌朝も快晴。
DSCN4114.JPG

ディンボチェ(4,410m)まで下りて、アイランドピーク方面へ。

DSCN4122.JPG

DSCN4126.JPG
もうすぐ、ベースキャンプ。
DSCN4135.JPG
と思っていたら、なにやらあやしい砂煙。

イムジャ湖畔から飛んでくる砂嵐がベースキャンプを襲い、ほとんどテントから出られず。

01f3ba6efb7bcbe251e3bcd8ee396a7db732a9a51f.jpg
メンバーも体調悪く、アイランドピークはあきらめて下山となりました。

その後も、ゆっくりとヒマラヤの山々を眺めながら無事、20日ぶりにルクラに下山。

カトマンズに戻って、久しぶりのシャワー(22日ぶり)とお酒(15日間)を解禁。
01063befa21ce2805d33a5ea5662ecf857437ce526.jpg

結構、長いトレッキングでしたが、ポーター達のサポートもあり、無事、怪我もなく下山できたことがまず何よりでした。

メンバーもよく、また長いトレッキングに行きたいものです。




posted by ノマド gaidorepo-to at 13:27| 海外 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る