2012年07月02日

人の道から外れて

南日高 中の岳

007.JPG

ペテガリと神威の中間に位置する中の岳は、日高山脈のピークとしては最も最後に登られた山だ。
(昭和27年 北大山岳部)というか、忘れられていたのかもね・・・。
この時のメンバーに赤岩大壁 小林ルートの小林年さんの名前が入っていたのは興味深い

夏は神威山荘からニシュオマナイ沢を詰め、最後は鹿道をたどる。

001.JPG

沢登りの場合、水が涸れた所からは、たいてい人の踏み跡をたどるのだが、この山は鹿道をうまくつないで稜線まで達する。
稜線からは人の踏み跡をたどる。ちなみに鹿は頂上に興味はないので、鹿道は頂上には登っていない。

012.JPG
これは人の仕業
看板のむこうは遥かピリカヌプリが見えた

030.JPG

ハクサンイチゲの向こうに神威岳を望む
この日は鹿3頭とたぬき1匹に会いましたが、登山者はゼロ(my)





posted by ノマド gaidorepo-to at 15:12| 沢登り | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。