2012年06月18日

知床の秘境

2012年6月14日〜17日 知床岳 TH (おだ)

DSCN1990.jpg
やっぱり、晴れると最高!!
知床岳は、道路末端の羅臼の先の相泊からスタート。

DSCN1989.jpg

といっても、立派な登山道も立派な案内も、立派な頂上標識もない秘境の山。

読図と経験と、最後は勘に頼っていけば最短時間で登れるし、行程時間の倍を要する場所です。
プラス、ヒグマなどの野生動物が住む場所。

すばらしい、秘境ですね。

ゴロ石の海岸を2時間歩いて、さらにけもの道を2時間登ると、素敵なテント場。
DSCN1995.jpg
この日は、天気も良かったので、ひとり夜はテントから出ての外泊。

夜中の手が届きそうな星空ぴかぴか(新しい)は、素晴らし贅沢でした。

翌朝は、片道6時間のアタック。
DSCN1998.jpg

年々、激しくなる崩壊地帯を登ると、根室海峡奥には国後島の山々。
DSCN2000.jpg
現在、ここが日本で一番外国に近い場所だと再認識。
いい山多いですね。いつか登りたい。

DSCN2001.jpg
そうこうして、楽園の知床沼。

DSCN2002.jpg
さっき歩いたような、熊の足跡がいっぱい。
サイズは小熊でしたので、近くに母熊もいるんでしょうね。

DSCN2007.jpg
手前ピークからの知床岳頂上。
今年は、残雪が例年より少なめで、最後のハイマツ漕ぎはボディーブローのごとく、襲ってきます。
この付近の登山道(?)も崩壊激しく、結構やばい場所もちらほら。

DSCN2011.jpg
テント場から6時間で登頂。
簡素に一等三角点が迎えてくれました。

といっても、ここが中間地点。
また、来た道をかきわけて、無事に翌日に下山。
DSCN2019.jpg

知床の世界遺産のほぼ中心地を訪れる探検でした。



posted by ノマド gaidorepo-to at 10:35| トレイルハイク | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る