2012年05月23日

利尻岳

長浜稜から利尻岳へ登ってきました。今年は4月の陽気で一期に雪溶けが進み、西壁もまっ黒け

利尻 長浜稜 001.JPG

まずはルンゼの残雪を繋いで稜線に上がる・・までは良かったのだが、そこからはすごい藪こぎ
ハンノキ、ハイ松、ダケカンバなどの曲がりくねった枝に大苦戦あせあせ(飛び散る汗)

利尻 長浜稜 003.JPG

標高が1200mを超えるあたりから、ネギ畑となるも収穫の余裕なし
ひたすら藪、藪、藪・・・

利尻 長浜稜 011.JPG

三眺山のコルにC2
礼文に沈む夕日を見下ろしながら、ふんだんに持ってきた焼酎を飲む

利尻 長浜稜 015.JPG

頂上からローソク岩を望む

下山は長官山から雪渓を繋いで登山口へ
しかし、この山!全山ネギ山だねぇ〜
思うに、北海道民を1年間賄えるくらいありましたよ!
もちろん、良い子は国立公園内にて採取はしてはいけませんが・・・。

下山後は新しくなったお宿まるぜん改め「ペンション レラモシリ」のテラスで山を見ながら乾杯ビール
露天風呂、利尻ラーメン、そして2年連続全国どんぶり飯グランプリを獲得した「うに釜めし」と島旅を堪能

利尻 長浜稜 029.JPG

サロベツ原野から見た利尻島東面
車を止めて撮影・・・運転再開で走り出すと追い抜いて行った車が覆面パトカーに捕まっていた。
守られてるな、俺!

利尻 長浜稜 032.JPG

帰路、苫前町郷土資料館で「熊嵐」を見学!
大正時代、8人を食い殺した実話、詳しくは吉村昭の熊嵐を読め!
再現ビデオを見て、改めて熊の恐ろしさを知る
体重500kgを越えた「北海太郎」のはく製もど迫力(み)








posted by 宮下 at 16:06| アイスクライミング | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。