2012年04月20日

野塚岳

4月17日(火)〜18日(水)


そろそろ日高へ。
身が引き締まる思いと、高鳴る気持ちのバランスを取るのが難しい(笑)

あわよくば楽古山荘で泊まらせていただこうというプランでしたが、残雪により半分くらいで撤退。
雨も強く、急遽幕別町忠類のロッジを借りることに。

昭和のテイストが強い味のあるロッジでした。

今回の野塚岳は、登頂をしたいという方々や日高の山に初挑戦、ノマド最年長参加者のFさん、そして一昨年のピリカヌプリに登頂したメンバーの一部が『同窓会』と称してご参加。この間の群別岳の時もかなりワイワイでしたが、今回の盛り上がりは全くもって比ではございませんでした爆弾爆弾爆弾


盛り上がるったら盛り上がるexclamation×2
誰にも止められません新幹線ダッシュ(走り出すさま)

みんな仲良すぎです(笑)



この晩の一番の盛り上がりは、
Mさんの??回目のお誕生日祝い〜ぴかぴか(新しい)ひらめき晴れ揺れるハート

NCM_1081.jpg おめでとうございます^^

いつもよりしっとり目に仕上げたチョコレートケーキと、
みんなで盛大にお祝いさせていただきましたプレゼントバースデーひらめきかわいい



そして翌日。
今回も天気予報はきっちり当たってます雨

登山を開始するころには雨脚も弱まり、スタート。
雪はザックザク。軽く埋まるものの、割合歩きやすく、急登のおかげで効率良く進みました。

P4180992.jpg 元気に登頂〜曇り

ガスガスでしたが、みなさん超元気パンチ 素晴らしいですねぇ〜。
本当に山登りを楽しまれていて、イキイキしてますっ!!


写真が暗くなってしまいましたが、本峰から西峰へ行くときにうまくガスが抜けました。

P4181000.jpg 

P4181003.jpg 風下側の雪もまだ多かったです。

長い時間ではありませんでしたが、日高を感じさせてくれるには十分な展望でした。

本峰から西峰へぐるっと主稜線を渡り歩き、部分的ながらも日高を満喫。
昼間には雪がかなり緩み、埋まるより滑る方が早いということで、下りは主に尻滑りで。


十分にご注意を!!といったのに、、、

P4181005.jpg 木で止まった井本くん(笑)


大事には全く至りませんでしたが。


今年の日高は雪が多かったのか、天馬街道の十勝側では見事な全層雪崩の痕跡がちらほら。場所によっては深めの沢を超えて道路に飛び出しそうになっていた箇所も。

今回歩いたコースにも一つありました。間近で観察することができ、改めて自然の力の強さを思い知らされました。

P4181008.jpg コース取りには要注意ですね。(YOU)




posted by ノマド gaidorepo-to at 12:23| スノートレック | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る