2012年03月15日

冬の樽前山&風不死岳 ダブル登頂

3月10日(土)〜11日(日)


樽前山&風不死岳


P3100056.jpg 今年も行ってきました。ソリ引っ張って!

今年は僕の一頭引きと、お客様方のお力を借りて、多頭引きの2台。
一年に一度、道産子ということでばんえい競馬の血が騒ぐむかっ(怒り)(?)山歩きの日がやってきました。

曇り予報でしたが、見事に晴れ晴れ晴れ
出だしから山の神様に見守ってもらい、インナーシャツハイク。
この時期くらいからは、発汗量も増えるし、泊まりの山では気を使うところです。


P3100063.jpg 登るにつれて景色も最高!

いい展望にやる気もみなぎる手(グー)

P3100068.jpg 途中からアイゼンON。


夏道では歩けないところから山頂へ直上。

P3100070.jpg
極端に寒くもなく、気持ちの良い頂上タイム。

南風の影響で苫小牧側は真っ白でしたが、
光の向こうでは山の神様がちゃんと見ていてくれたんですね。
みるみるうちにガスは抜けていき、溶岩ドームが顔を出しました。

P3100074.jpg P3100073.jpg


P3100069.jpg まるで影富士。



Day2

昨年の裏返しか、今回は二日目がやや悪天曇り雪
けども、山頂までしっかり登ってきました。

P3110084.jpg

頂上手前の森林限界あたりからは雪の状態がどっちつかず…。スノーシューには堅すぎるし、アイゼンだと時々踏み抜く。結局、踏み抜きながらも堅いところを選び、頂上までアイゼンを効かせました。

P3110078.jpg 看板は何とか見つけて掘り出しました!


今年は何とか天候にも恵まれ、W登頂を果たしました。
ここの山域は冬に何倍もの魅力を放っています。まさに登った人にしか分からない世界でした。
近場ながら実にいい山です。

終始とっても盛り上がり、一緒に登ったメンバーの仲もググっと近づいたのではないでしょうか^^
厳しさの中の、楽しい時間を分かち合いましたね。




P3110102.jpg 帰りは更に燃えて一頭引き!(笑)

ソリを横に連結すると非常にバランス良いです◎
しかし、翌日えらく筋肉痛になるので要注意です…たらーっ(汗)(YOU)







posted by ノマド gaidorepo-to at 13:57| スノートレック | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。