2012年01月04日

層雲峡アイスクライミング

2012正月 007.JPG錦糸の滝

年末、層雲峡アイスクライミングでした。
さすがに12月、層雲峡独特の-20℃というような恐ろしい冷え込みはなく、せいぜい-7~8℃といったところで、氷も柔らかくよく刺さりました。
初日は錦糸の滝を上まで。

2日目は長靴はいて石狩川を渡り、銀河の滝に取り付く。
こちらは雪どっさりだったので、ラッセルを嫌い真ん中を登って行くが、最終ピッチは氷が薄く、4度ほど踏み破る。

アイススクリューも2cmほど入れると空回り・・・
それでも勇気を出して突破を試みるが、どこにもプロテクションを取れず、10mくらいランナウト。
さらに氷は薄くなり、滝の轟音が響いてくる。もし氷をけり藪って中に落ちたら、たちまち溺れ死にだ。

終了点まであと10mと迫るが、ここから敗退。命がけのクライムダウン。
アイスのクライムダウンって、むずいからねぇ〜・・。
7mほど下りて左にかろうじてトラバースして、岩壁の支点に到達。

お客2人を上げて、さらに左から抜けて終了点へ、やれやれ・・。

最上段からは4回の懸垂下降だ。
ところが、上から投げおろしたロープが、先ほど自分でけり破った穴に飲み込まれ、ロープはずぶ濡れ状態に。
2Pめの懸垂では、濡れたロープが氷付いて流れが悪い。

2012正月 006.JPGペッツル  ビジョン

アイスクライミング用のバイザー
かなり調子よし(み)


posted by ノマド gaidorepo-to at 14:15| アイスクライミング | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。