2011年10月04日

カナダ オーロラとロッキーハイキング

9月26日〜10月3日 カナダ イエローナイフのオーロラとロッキーの黄葉ハイキング  (おだ)

オーロラと言えば冬に見るものとイメージがありますが、むしろシーズンは今。
3日間いてオーロラ鑑賞率は98%といわれるイエローナイフ。

3日間いて3日間100%みれちゃいました〜るんるんるんるんるんるん

そして、わが故郷Banffではパーフェクトな黄葉トレッキングでした。

P9300264.jpg

来年もオーロラツアー催行予定ですので、一生に一度はオーロラ見に行きましょう。


P9260112.jpg成田からの飛行機も偏西風に乗って予定より1時間早くバンクーバー到着。

乗り換え時間もあるので、リムジンに乗ってグランビルアイランドにシーフド食べに行きました。
あいにくの雨で、世界で住みたい都市トップ3に入るバンクーバーの街は歩けなかったですが、ムール貝やカキ、カニを食べ幸せ〜。

そして、カルガリー経由で深夜にイエローナイフ到着。
P9260121.jpg
ホテルでぱぱっと着替えて、さっそくオーロラ鑑賞へ。
街にいるときから頭上にはオーロラが出ていて観測ポイントに着くころにはあっちにもこっちにも出現。
テレビで見るぐらいに空一面がカーテン。
レベル5のオーロラ爆発に出会えました。

P9270143.jpg P9270165.jpg
さすがに普通のデジカメだとこれぐらいが限度。






で、他の参加者の一番いいカメラでとると・・・、


DSC_2546.jpg
特別にこの写真お借りしましたが、やはりカメラの違いですね。
肉眼ではこれが、うやうやでてて、ゆらゆらとカーテン状。

周りからは拍手喝さいの天体ショーを見れみな大満足の初日でした。


オーロラの鑑賞はこの時期、23時ごろから04時ごろなので普通の人と生活習慣がま逆。
10時〜11時ぐらいに朝ご飯兼ランチを食べて、あとは自由行動。
今回は市内見学と次の日はキャメロン滝のハイキングを楽しみました。

イエローナイフはもともと炭鉱(ダイヤモンド採掘)の街なんで、基本観光ポイントが少ない。
ちなみに数少ない街を紹介すると、
@センターモールの温度計
P9270170.jpg
どのブログなんかにも紹介される有名な看板です。真冬は-40℃の表示も。

A最北の日本人経営の寿司屋さん。
P9270173.jpg P9270172.jpg
北極イワナが名物です。

Bキャメロン滝
P9280209.jpg P9280207.jpg
市内からバスで1時間。ゆっくり歩いて滝まで30分のお手軽ハイキング。
対岸まで行けます。

C飲むしかない
P9270186.jpg 
ビールはカナディアン。

P9280230.jpg
つまみはチキンウィング。ソースは12種類の中から選べます。

P9280231.jpg
そしてナチョス。


今回、オーロラを3日間見れ、ラッキーでした。
来年も当たり年らしいですよ。

P9300299.jpg
そして、移動して、バンフグッド(上向き矢印)
以前、5年も住んでた場所だが、年々、街も変わって新しくなっている。
ただし、不景気なのか、貸店舗も増えてきたのが気にかかりました。
ちなみに、以前いっしょに暮らしていた友人とばったり再会できてびっくりのハプニングもありました。

P9290237.jpg
バンフついて日本食レストランにはいるとカナダ産のマツタケ。
大きなカナダらしい大きなマツタケでした。

P9300241.jpg

翌日のトレッキングは、モレーン湖から出発する秋を代表するトレッキングコースのラーチバレー。

P9300249.jpg P9300260.jpg

P9300268.jpg P9300284.jpg

P9300277.jpg
ロッキーの秋は黄色が素晴らしい。
天気も良く、テンピークスもきれいで最高の秋のトレッキングでした。

ロッキー最後の日は、雨でトレッキングもやめて動物探しの旅へ。
PA010310.jpg
するとバンフの駅前でエルクどおしのケンカ。
すんでてもなかなか見れない貴重な決闘を30分ぐらい見学。

その後は、大都市カルガリーへ。
夜は地元では予約も難しいほど人気な鉄板料理へ。
PA010332.jpg PA010342.jpg
日本料理の奥深さが感じれたかな。


また、カナダ来よう。

勝手にカナダ観光大使より











posted by ノマド gaidorepo-to at 16:48| 海外 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る